初めてお金を借りる時に注意しておきたい3つのポイント

カードローンに申し込みをし、初めてお金を借りるときの注意点についてまとめてみます。
まず、申し込み時は当然のことながら、嘘偽りなく個人情報および信用情報を提供することが重要です。
稀に審査が通りやすいようにと、収入を多めに記載したり、既に退職している勤務先の名称を書いたりする人がいます。
しかし、勤務先については多くのケースで在籍確認が行われます。
電話による確認で申込者の在籍が確認できなければ、当然ながら審査は通りません。
今ちょうど失業中だとか、前の会社のほうが大手だったとしても、事実に即して申告することが大切です。
申し込む際は利用限度額の希望を出しますが、計画的に利用ができるよう、なるべく最低限の金額を申し込むことがポイントです。
既に借りたい予定額があれば別ですが、特定の金額のニーズがない場合には、少しゆとりを持たせておこうと考えるのではなく、必要最低限に抑えて、申し込み後の借り過ぎを防ぎましょう。
当初は借りる予定がなかったとしても、利用限度額にゆとりがあると、思わず借りてしまうことがあるからです。
そして、3つめのポイントとして、返済を怠らないようにしましょう。
お金借りるのですから、利息を付けて返すのは当然です。
慎重な借り入れを行うのはもちろんですが、事前に返済計画をしっかり立てておくことも望まれます。
自分の収入や生活レベルに合わせて、無理なく返せる額を借りるようにしなければなりません。


キャッシングカードでの夕方までの確実なお金の借り方

勤務時間が朝から夕方までと定まっている場合、夕方以降にお金が急に必要になるとわかっていても銀行に引き出しに行く時間が十分にないことがあります。
お昼休みを利用してATMに並ぼうとしても、都心の銀行では長い行列ができているので、休憩時間中には引き出せないこともあるはずです。
急な出費があるのはわかりながら、その準備ができていないと落ち着かないものです。
営業などの外勤の仕事をしていれば、仕事の合間をうまく利用して、銀行やコンビニに入ることもできるかもしれません。
しかし事務職をはじめ多くの職種では自由に身動きはできないものです。
それだけに夕方までにお金を準備する方法は限られてきます。
キャッシング会社のローンカードを持っていれば、それほど慌てることなくいつでもお金を提携する銀行やコンビニのATMから引き出せます。
もちろんカードには限度額がありますので、その範囲内でしか利用はできません。
それでも急な出費に対して、すぐに対応ができるようになるはずです。
とくにコンビニからなら24時間いつでも引き出しが可能ですから、仕事が終わってからでも十分に余裕をもってお金を借りることができます。
当日にお金が必要になるということを知ったとしても、その日の間に、しかも日中を仕事をしていたにもかかわらず、お金借りられ、その手配を済ませられるのはとても便利で余裕すら感じられます。
もちろん金額にかかわらず、きちんと返済を済ませることで、今後いざという時に借りやすくなりますし、必要以上に金利の支払いをしなくても済みます。

【参考サイト】:消費者金融から即日融資でお金を借りる



Copyright© 消費者金融キャッシングなび All Rights Reserved.