急な出費には即日融資が可能な消費者金融を利用

突然の急な出費に手持ちがなく、お金を用意することが出来ない場合、たとえその額が少額でも家族や友人に相談するのは出来るだけ避けたいものです。
そこから金銭トラブルに発展する可能性もありますし、以前と同じような関係を維持することが難しくなってしまう場合もあります。
そこでそういった急な出費の際には消費者金融を利用することをおすすめします。
消費者金融に対して、金利が高いといったイメージを抱いている方もまだ多いのではないかと思います。
けれど、法改正により上限金利も設定されているので、法外な金利がかかってしまうといったことはありません。
そして、他の金融サービスと比べて融資が早いといった特徴があります。
そのためその日のうちに現金を必要とする急ぎの出費の場合でも、即日融資どころか一時間もかからずに融資を受けることが出来ます。
しかもその申込みの際には、保証人や担保を必要としないので、家族や親戚、友人といった周囲に迷惑をかけることもありません。
また一定以上の収入があれば、アルバイトやパートの方でも利用することが可能なので、雇用形態を気にすることもありません。
そして、金利は借り入れの期間によって変わりますので、短い期間で返せば返すほど金利は低くなります。
給料日前などで一時的にお金に余裕がないときに利用し、給料日にすぐに全額返済すれば金利は驚くほど低くなります。
このようなことから急ぎの出費の際には消費者金融を利用すると便利です。


契約社員でもキャッシングでお金を借りられるのか

一般的にカードローンキャッシングというと「正社員でなければ利用することができないのではないか」といったイメージを持っている人も多いのではないかと思います。
しかし、そのような心配は必要ありません。
契約社員やアルバイト・パートとして働いている人でもお金を借りることはできます。
現在の社会では雇用形態が多様化していて、社員における非正規雇用者の割合というのは増え続けています。
そういった人達を無視してしまっては消費者金融の経営は成り立ちませんから、業者側でも契約社員でも借り入れができるということを積極的にアピールしています。 では、契約社員の人はどのくらいの金額を借りることができるのでしょうか。
その金額は個人個人によって異なります。
基本的には収入が多い人ほど返済能力が高いと判断されるため、利用限度額が大きくなります。
しかし、それ以外の要素も絡んできます。
その1つが総量規制との関係です。
この法律では貸金業者から借りることのできる金額を年収の3分の1までに制限しているので、すでに借入残高が多い場合には利用できる金額が抑えられてしまいます。
正社員以外の場合には、正社員よりも借入条件が悪くなると考えている人もいますが、そのようなことも一切ありません。
たとえば金利についても、正規雇用者・非正規雇用者共に違いはありません。
その他、保証人が必要になったり、利用限度額が少なくなったり、返済期間が限定されるといったこともありません。

【参考サイト】:キャッシング即日融資



Copyright© 消費者金融キャッシングなび All Rights Reserved.